男女

ビジネスの効率化ツール

企業の営業力を向上さえせるためにお勧めの方法は商談管理ツールを導入することです。様々なソフトウェアの中から自社のニーズに合うものを選んで導入すれば、個々人に委ねられていた営業活動を組織化することができ、より営業力の強い会社にすることができるでしょう。

詳しく見る

通話

有能な秘書

会社の経営や団体の運営を行っていると、いつでも電話連絡がとれることは大事なことです。電話してもつながらないなら、ビジネスチャンスを失ったり信頼がなくなることもあるからです。そんなときは東京の電話代行サービスに頼むと、格安で依頼主の希望に応じた電話対応をしてくれます。

詳しく見る

電話

電話対応の代行サービス

電話代行のサービスは社員の負担を軽減したり、業務時間外の対応を可能にするなど様々なメリットを持つサービスです。また、業務の多様化においても電話対応することができるようになるので、幅広い業種で活用されています。

詳しく見る

オフィス

製品を選ぶ時のポイント

CRMシステムとは、顧客の情報を管理して分析し、それぞれの顧客のニーズに合ったサービスを提供する製品です。製品は、多機能で高性能なものから機能を絞り込んだシンプルなものまで色々あり、価格にも幅があります。導入する際は、コスト面だけではなく自社に必要な機能が搭載されているかや操作性を確認しましょう。

詳しく見る

男の人

効率化とモチベアップの為

取扱説明書や業務の手順書、さらに研修用の資料などもひとくくりにマニュアルと言えるでしょう。マニュアル制作会社ではこうした資料の制作を依頼でき、費用は10万円〜100万円ほどと幅があります。写真や図の挿入、多言語化なども可能で、業務の効率化アップにつながるかもしれません。

詳しく見る

独自のノウハウが評価

女性

知識を纏める能力の優れる

企業からマニュアル制作会社への依頼が増えているといいます。その理由は何でしょうか。それはまず第一に社内業務の整理、合理化のためということが挙げられます。中小零細企業のみならずある程度の規模になっている中堅企業であっても社内マニュアルの整備はあまり進んでいないのが実情です。マニュアル化はラインを有する工場現場から始まったもので現在ではどのような職種・職場でもマニュアルが存在しないところはありません。ところが実際にそのマニュアルが活かされているかというと必ずしもそうではありません。これはノウハウを持っていることとそれをマニュアル化する能力とは全く別物だからです。職人の世界では長らく技は盗め、とか習うより慣れよという言葉が通用していたことを思い起こせばよく理解できると思います。しかし現代ではそのような事では企業の成長はありません。そこでマニュアル制作会社の出番となるわけです。マニュアル制作会社は、その職場が必要としているノウハウや慣行を聞き取り調査してマニュアル化していくことを仕事としています。マニュアル制作会社はその業務に精通しているわけではありません。あくまで現場の社員たちのノウハウによってマニュアルは出来上がるのですが、マニュアル制作会社の優れている点は、断片的だったり論理だっていない聞き取り情報を整理して体系だったマニュアルに仕上げていく点です。この技術が優れているために社内でノウハウを持った社員にマニュアルを作らせるよりもよく出来たものをマニュアル制作会社が作ることが出来るのです。マニュアル作成を業務委託することと並んで、外部への委託が進んでいる業務として営業があります。地道な積み重ねが必要な営業をラウンダー会社に委託することで、社内での業務負担を軽減することが可能です。また、ラウンダー会社は商品を売り込むプロデュース能力に長けているため、これまでより効率よく営業出来る可能性がアップします。ぜひ活用しましょう。

Copyright© 2018 業務のノウハウを管理するために|マニュアル制作会社を利用しよう All Rights Reserved.