製品を選ぶ時のポイント

オフィス

自社に合った製品を選ぶ

CRMシステムとは、顧客関係管理システムともいい、顧客の情報を管理して、顧客ごとにそれぞれのニーズを分析してきめ細かなサービスを提供するための製品です。ニーズに合った商品やサービスを提供することで、顧客の満足度を向上させ継続的な関係性を維持していくことが期待できます。顧客の購入履歴や問い合わせ管理、営業の対応状況などを一元管理し、既存顧客との関係性を良好なものにしたり、新規顧客の開拓や休眠顧客の掘り起こしなど、さまざまな活用方法があります。CRMシステムは、多機能で既存システムとの連携やカスタマイズも可能な高性能のものから、クラウド等で必要な機能を絞り込んだシンプルなものまでさまざまな製品があり、価格にも幅があります。CRMシステムを選ぶ時は、導入や運用にかかるコストだけではなく、自社が必要とする機能を備えているかや操作性などを考慮しましょう。CRMシステムは、営業やマーケティング、コールセンターなど、顧客に関わる多く多くの部署で活用します。多機能、高性能であっても操作が煩雑で入力しにく、わかりにくいシステムは活用されずに導入が失敗してしまうことがあるので、直感的でわかりやすいインターフェイスや操作が簡単にできるかどうかは大切なポイントになります。CRMシステムは、試用版を提供しているものも多くあるので試用版で実際に使用してみて、必要な機能の絞り込みや操作性を確認してみるといいでしょう。

Copyright© 2018 業務のノウハウを管理するために|マニュアル制作会社を利用しよう All Rights Reserved.