女の人

昔から伝わる着物を楽しむ│着こなし方を知っておこう

キレイな状態のまま保管

帯

大事な自分の着物を長くキレイな状態で使用したいと考えている人は多いでしょう。着物の状態を良いまま保ちたいならトラブルを発生させないようにすることが大切です。保管状態が悪いとサビやシミ、カビなどが発生してしまい、上質な生地が変色してしまうという影響が起きてしまいます。とくにサビによる汚れはとても落としづらいので、保管場所の状態をチェックしておきましょう。サビは湿気や汗がついてしまうのが発生原因だと言われています。ワキや羽織の留め具から発生しやすいので金属製のものと一緒に保管をするのはできるだけ避けるようにすることが重要だと言えるでしょう。もし、サビが出てしまったときは着物を丸洗いするといいです。サビが発生した初期のころはクリーニングで落とせる可能性が高いですが、クリーニングでサビが落ちないときは専門業者に依頼をして取ってもらう方法もあります。しかし、金加工された部分にサビが発生したときはクリーニングで金のデザインも落ちてしまう場合もあるので日頃から気を付けるようにするといいです。サビは時間がたてばたつほど、落としにくくなるので早めに対処するようにすることを心掛けるようにしましょう。その他にも、キレイな状態を保つ秘訣として定期的に着物の状態を確認してこまめにお手入れしたり、着用した後はしっかりと洗うようにしましょう。意識することで、サビやシミ、カビなど以外のトラブルも事前に防ぐことができますよ。